性格とは・・・

女性

“性格(パーソナリティ)”と筆跡

パーソナリティとは、『人格。個性。性格とほぼ同義で、とくに個人の統一的、
持続的な特性』というように広辞苑には表示されており、さらに“性格”につい
ては『各個人に特有のある程度持続的な感情・意志の面での傾向や性質。
品性。人柄』と解説されております。


人間にはいろいろな性格が表現されております。
笑い 頑張り屋・泣き虫・意地悪・臆病・自信家・内気(引っ込み思案)・負けず嫌い・
陽気・おっちょこちょい・楽天家・心配性・温和・短期・従順・素直・柔和・活発
・いい加減・無責任・自己中(自分勝手)・のんびり・気長・優柔不断・厳しい・
優しい・理屈っぽい・怒りっぽい・などさまざまな表情があり書ききれないほどです。
  怒り
このような人間のタイプをその人が書いた文字の特徴(クセ)をみて、どのような
心理が働いて、そのようなクセとなって表れるのか、それらの真意をひも解いて、
性格や行動パターンを判断する
というのが性格学的筆跡学である筆跡心理学を活用
した筆跡診断です。


☆ 『性格』とは その人らしい行動傾向のこと

  〜〜『らしい』行動パターンが その人の『性格』となる〜〜

 

一般的に『性格』は、その人の日常の行動パターンや言動などを総合的に判断して、それぞれその
人の感覚や感性などによる独自の判断で決めているようです。従って、お互いに勘違い、思い違い、
思い込みなどが発生し、人間関係に亀裂が入り、理解し合えない、認め合えないというようなトラ
ブルが生じたりするようです。


〜 ジョハリの窓 〜

ジョハリ

誰しも“自分を知りたい”という想いは抱いている
ようです。また、自分は“他者にどのように映っ
ているのか”知りたいと考えている人も多いよう
です。自分について、アメリカの心理学者ジョ
セフ・ルフトとハリー・インガムは、私達には
4つの自分があると唱え“ジョハリの窓”を考
案しました。隠れた自分を知るには他者との関
わりが大切です「隠蔽領域」「盲点領域」に気
付くことができれば「開放領域」が拡がり、「
未知領域」が狭く小さくなります。隠れた自分
を知ることに筆跡心理学は大いに役立ちます。



〜自己を知って、相手を知る〜

気付かない隠れた自分や相手を知るひとつの手法として、筆跡心理学を
二人 活用し、本人が書いた文字の特徴(クセ)に表れる心理を読み取って、相
手の心のメッセージを知ることができれば、相手の長所や短所を理解する
ことができて、相互の誤解も解け、それぞれが人に優しく思いやりのある
人間関係を構築することができるのではないでしょうか。
また、職場の中での人間関係、仕事上の営業等の交渉ごと、活用法は様々
・・・人と人を繋ぐ信頼関係・絆に・・筆跡心理学をどうぞお役立て下さい。


このページのトップへ