筆跡心理学とは・・・

ローマ

筆跡に関する研究の歴史を遡ってみると、西暦120年 ローマの歴史家
スエトーニウス・トランクウィルスに始まり、その後1622年にイタリア
のボローニャ大学のカーミロ・バルディ教授が初めて著書の中で「すべ
ての人は独自の書き方をしていて、他の誰も真似する事はできない。繰
り返し現れる特徴を注意する必要がある」と筆跡と人格とは何らか
 の
関係があることを示唆しました。19世紀に入り、フロイトやユングなど
多くの心理学者の出現により、心理学が学問として樹立され、心の研究
がさかんとなり、筆跡の分野も熱心に研究を続けてきた筆跡学者である
フランス学派の ジャン・イポリート・ミションが、1871年に筆跡に
パリ 関する研究を“グラフォロジー”(筆跡学)と命名し、フランスの地に筆跡
心理学は誕生した
ようです。

現在、フランスでは「筆跡診断士」という国家資格が存在し、企業の人事
採用では、応募者の履歴書から筆跡診断士がその人物の性格等を診断など
雇用審査に大きな影響を与えているようです。
イタリアでもフランスと同様に筆跡診断が企業などに活用されているよう
です。

文字

筆跡心理学に基づく筆跡診断は、人間の性格をその人が書いた文字に
表れる筆跡特徴(書きクセ)から心理を読み取り、その人の人間像(行
動パターンや性格、考え方)を描き出していく
というものです。


書いた人の文字の特徴(クセ)が、どのような深層心理に基づきその
ような形となって表れているのでしょうか。


文字の特徴には@一文字の特徴、例えば右上がり
の文字、文字の中の縦線・横線など突出する長い線がある、はねが強い、左右の払いに大きな差
があるほど長い、へんとつくりの空間
など、一文字の中に表れる特徴(書きクセ)。
つぎにA文章(レイアウト)はがきなどの標準規格の用紙の中で書き始める位置、端からの余白のと
り方、行がまっすぐか曲がっているか、うなっているか
などによる特徴と2通りがあります。


筆跡(文字)に表れる書きクセが織り成す深層心理は、どのような心の声(メッ
人 セージ)
なのか、どのような心理が働いてそのような形となって表われている
のか、その心理はどのような考え方や行動と関わりを持っているのか、そして、
それらを総体的に判断するとどのような人物像となって描き出されるのか・・・
何気なく無意識の中で書かれた文字に表れた特徴(クセ)からその人の性格診断
にまで発展することができるのです。


人間の健康面に例えると、風邪の症状が出たため病院に行く、まず@「熱がある」A「咳が出る」
B「鼻水が出る」C「咽が痛い」D「くしゃみが出る」などの症状
を医師に伝えると、医者は問診
と検査を総合した結果「風邪やインフルエンザ」などと診断します。

筆跡診断の場合は、書いた文字の特徴(書きクセ) @「はねが強い」 A「へんとつくりが狭い」
B「横線が突き出ている」 C「文字の頭部が出ている」 D「右払いが長い」 E「右上がりの
文字」
などの 特徴(50通り)と文章(レイアウト)による特徴とを 総合的(72通り)に判断し、
その人の人物像を描き出します。

文字特徴

上記文字の特徴から読み取れる性格
@「はねが強い」・・・責任感があり、粘り強く、最後まで諦めずに頑張るタイプ。
A「へんとつくりが狭い」・・・外部と打ち解けにくく自己防衛的、閉鎖的思考をもっている。
B「横線が突き出ている」・・・頭の回転が速く、内に秘めた才能がある才子才女型。
C「文字の頭部が出ている」・・・人の上に立ちたい、人を引っ張っていくリーダ気質がある。
D「右払いが長い」・・・感激・感動しやすい情感派。ひとつのことに入れ込むタイプ。
E「右上がりの文字」・・・社会のルールやマナーに忠実、組織の中でも誠実な保守派。
※上記の72通りの筆跡特徴は、日本筆跡診断士協会会長森岡恒舟(東京大学心理学科卒)氏
  が長年の研究と大量のデータをもとに丹念に纏め上げ、マニュアル化したものです。



まめ知識

筆跡学を基本とする筆跡鑑定と筆跡診断の違いについて簡単に説明しますと、
「筆跡鑑定」とは、書類上に記載されている署名が本人の直筆であるか、本人が間違いなく
書いたものか否か、また2つ以上の書類上の筆跡が同一人物によって書かれたもの(本物)
であるかそうでないか(偽物)等、まさに署名欄の自筆について真贋を問うもの
であり、多くは
遺言状や脅迫文、公正証書や契約書など事件性のある筆跡検証等に用いられています。
「筆跡診断」は、書いた文字に表れる特徴(クセ)から、その人の深層心理を読み取り書き手の性格
、行動パターン、人間像を描き出すというものです。

このページのトップへ